家事代行アシスト/愛知県、名古屋、東京、埼玉、京都の家事代行(家政婦さん)

愛知県と名古屋市と東京と埼玉と京都と茨城と新潟で家事代行やシルバーサポート(高齢者のお手伝い)家政婦さん

*

本日の「全く読む気にならないブログ!!」東京・名古屋・埼玉・愛知の家事代行ブログ

   

ホームページはこちら→ 
http://www.assist-kd.com/










ケータイはこちら→ 

http://aichi.zimotylife.mobi/k_default.asp?UID=assist

名古屋・東京・埼玉の家事代行アシスト
掃除・洗濯・買い物・料理・高齢者のお世話・子守など家政婦代行
掃除はホテル仕上がり



お疲れ様です  家事代行のOGGです

「全く読む気にならないブログ」ではなくて、本当は「ほとんど読まれないであろう今日のブログ」なんですが~
スタッフさんが「全く読む気にならない」を連呼するので 面倒くさいのでそうしておきました

本当は今日はもう少し汎用的なネタでも良かったのですが
どうしても「全く読む気にならないブログ」を書いてほしいみたいだったので
これまたそうしておきます

と言っても
アレは、結構専門的な事をネタにすることが多いので
100人中1人しか読まれなかったとしても
その1人は、その内容についてはある程度詳しい人のはずで

いい加減な事は書けませんから、結構調べて書いていたんですよね

つまり時間がかかります
でも今日は あまり時間をかけるつもりはないので
それなりの話題にしときます

A=440Hz
 楽器をやる人ならわかりますが、チューニングの時の基準の音です
私はギター歴が長かったので

A=440Hzしか知りませんでしたが(442Hzでチューニングをする事が有る、と言う事自体は知っていましたが)
今チェロを教わっている先生はA=442Hzなんですよね

オーケストラでは442Hzが主流なので 当然に442Hzでした

最初の体験レッスンの時、あらかじめチューナーで合わせてきたのに、先生のチューナーと音が合わなかったので
聞いてみたところ

442Hzでやっているとのことでした
なのでレッスン前にあらかじめ合わせておかないといけません 時間のムダになりますので

ちなみに私はKORGのチューナーを持っていましたが

ところが先生が持っているYAMAHAのチューナーは合わせやすく、誤差も少ない気がしたし先生もYAMAHAをすすめたので
YAMAHAのチューナーを買いました

ところが買ったやつが


家に帰ってわかりましたが何か同じです

てか、同じケースです


調べると  いわゆるOEM(ODMかも )というやつでした

もっとも結果から言いますと、先生が使っているのと同じ品番ですし、実際私が持ってるこの二つ、液晶の針の振れ方が違うんですね
YAMAHAの方が合わせやすいです

なので結果オーライです

442HZの話に戻すと、近年、どんどん上がっていく傾向にあるのだとか
わたしゃてっきり昔から440Hzが基準で、だとすると人類はどうやって440Hzという周波数を見出しのか
ずっと不思議と言うか疑問だったのですが

昔は低かったらしいのです
バロックピッチなんて言葉もありますよね
ちなみにモーツァルトの時代はA=425Hz位だったそうです

ピッチを上げる理由としては、上げていくと張りのある大きな音になる傾向にあるとかで

なお、440Hzというのはシュトゥットガルト会議なるもので「440Hz」と決められているそうです
シュトゥットガルト会議って何 て感じですが

う~ん、なかなかに「全く読む気にならないブログ」っぽくなってきました
余は満足ぢゃ

結局長くなってしまいましたが~

と言う事でおあとがよろしいようです

by 家事代行アシスト OGG


                        ランキング参加中です
                        「ぽち」っとお願いします

                        
にほんブログ村 家族ブログ 家事代行・家政婦へ

                         
にほんブログ村

 - 家事代行日記