家事代行アシスト/愛知県、名古屋、東京、埼玉、京都の家事代行(家政婦さん)

愛知県と名古屋市と東京と埼玉と京都と茨城と新潟で家事代行やシルバーサポート(高齢者のお手伝い)家政婦さん

*

中川警察署でエライことに(>< 東京・名古屋・埼玉・愛知の家事代行ブログ

   

ホームページはこちら→ 
http://www.assist-kd.com/










ケータイはこちら→ 

http://aichi.zimotylife.mobi/k_default.asp?UID=assist

名古屋・東京・埼玉の家事代行アシスト
掃除・洗濯・買い物・料理・高齢者のお世話・子守など家政婦代行
掃除はホテル仕上がり




お疲れ様です  家事代行のOGGです
スタッフさん、昨日は力入っていましたね~
やはり子を持つ母親は(父親もでしょうが)虐め問題は怒りが倍増ですね
だいたいマスコミが使う「虐め(苛め)」という言葉がいけません
ひどい時には「いじめ」など平仮名で表現され、それではインパクト弱すぎです
「万引き」を「窃盗」というべきなのとと同じで、刑法犯罪に該当する可能性が高いわけですから、「傷害罪」とか「暴行罪」とか「強要罪」といった具合に、オブラートに包まずに表現するべきですね
加害者、とりわけ少年に大変優しい日本です

話はガラっと変わりまして
本日、車庫証明をとりに中川警察署に行って来ました

さすがに慣れないことで
「証紙」を買ってくださいね とか 「ここの印鑑と、ふりがなが抜けていますよ」等々ありまして

証紙も隣の窓口で買い求め、漏れのあった箇所も記入してもう一度窓口に並んで
なんとか無事手続きを終えました

で、警察署も出てところが少し経つと携帯が鳴り 
着信を見ると「中川警察署」で  
あっ、なぜか電話帳に登録してあったんでわかったんですが
なんだ ということで出てみると

「仲谷さんでしょうか さきほど財布をお忘れになりませんでしたか 」

「マジですか 確かに・・・ありません  」

「2階の交通課で保管していますので 」

ということでまだあまり警察署から離れていなかっので急いで取りに行きました
財布を忘れたのは、落としたのも含めて生涯初めてです
雨傘以外は、ほとんど忘れ物・落とし物をしない性分です
でも、警察署で良かったです
違う場所だったら ま~戻って来なかったでしょう

で、警察署に保管してもらってるとわかってはいてもやはり不安なもので
警察職員の手元に行く過程で「お札が抜かれていないか 」「カードが抜かれていないか 」
あっ、見つけていただいた方には大変失礼なことを書いていますが
とにかく気が気ではなかったので、急いで取りに行きました

入り口から、受付を右に見ながら階段へ行く通路を通ろうとしたら
通路がカーテンで遮断され、しかも警察官が立っています
「通れませんか 」と聞くよりも前に
「被疑者が通りますので。 少しお持ちください。」
ここでも加害者保護
いやいや被疑者ですから、有罪確定ではありません
というか、見せられても困りますし 顔見られたら逆になんか怖いですし

こういう状況に出くわしたのは初めてで てか、警察署自体にそう何度も行くわけでもないのですが 

そうこうすると、被疑者が入ってきた様で
カーテンがはられているとはいえ、床から50センチくらいは隙間があるんですよね
なので、足元から膝くらいまでは見えてしまいました

確証はありませんが、かなり若い感じの二人組でした ことによればそれこそ少年かもしれません

ま~、それはさておき
無事2階に上がることもできて 窓口に行ったら、すぐわかるようになっていて ほんの15分前のことだったので顔も覚えてくれておりまして、特に難しい手続きなしに受け取る事ができました
中身も無事でした
実は入り口すぐ左に「逸失物取り扱い」の窓口があり、「ここではないの 」と思いながら奥まで進んだのですが
また、警察官が気がついたわけではなく、一応一般市民が気がついたみたいで
多分、そのまま交通課の窓口で保管してくれていたのはある意味「融通の利いた粋なはからい」だと解釈することにしました

実は密かに心配していた「やっぱり謝礼として1割だか2割だか、払わないかんのかな~ 」という心配は無用でござった
ちゃんちゃん

by 家事代行アシスト OGG


                        ランキング参加中です
                        「ぽち」っとお願いします

                        
にほんブログ村 家族ブログ 家事代行・家政婦へ

                         
にほんブログ村

 - 家事代行日記