家事代行アシスト/愛知県、名古屋、東京、埼玉、京都の家事代行(家政婦さん)

愛知県と名古屋市と東京と埼玉と京都と茨城と新潟で家事代行やシルバーサポート(高齢者のお手伝い)家政婦さん

*

多分ほとんど読まれないであろうブログシリーズ第4段!!家事代行ブログ

      2015/12/22

ホームページはこちら→ 
http://www.assist-kd.com/










ケータイはこちら→ 

http://aichi.zimotylife.mobi/k_default.asp?UID=assist

名古屋・東京・埼玉の家事代行アシスト
掃除・洗濯・買い物・料理・高齢者のお世話・子守など家政婦代行
掃除はホテル仕上がり



お疲れ様です  家事代行のOGGです
最近忙しい割にネタが無いので
好評 の「
多分ほとんど読まれないであろうブログシリーズ第4段」 です
最初の数行だけ読んで、あとは下までスクロール姿が見えるようですシッシッシ

今日は
クラシックの(一部ジャズ)の「変な曲」シリーズです

無調音楽やアヴァンギャルド、わけのわけらん電子音楽は今や「変な曲」とは言えないので除外です

まずトップバッターは何と言っても

ジョン・ケージ「4分33秒」

楽譜を見ると

第1楽章
休み
第2楽章
休み
第3楽章
休み



と書いてあります
何じゃそりゃ です

要は音を出さない音楽です
なので、楽器は何でもいいです
ピアノでも、ギターでも、チェロでも、オーケストラでも 独唱でもいいですね

wikiによると



この曲は、いわゆる「無」を聴くものというよりも、演奏会場内外のさまざまな雑音、すなわち、鳥の声、木々の揺れる音、会場のざわめきなどを聴くものとされている。


この曲のミソは、この曲の趣旨や、「音を出さない演奏」ということを聴衆に告げずに「演奏すること」です

演奏者がたとえばピアノの場合、さももっともらしくイスに座り、楽譜をめくり 「さあ演奏するぞ 」という感じで始めるわけです
更に無音とはいえ、3楽章構成ですから、各楽章には「終わり」があります
なので、楽章が終わるごとに、ちょっと体を緩めて、また姿勢をただし、次の楽章を「演奏」するわけです

最初の30秒で聴衆は「おかしいぞ 」と思い始めるでしょう
そして、1分・・・2分と経つにつれて
「何かあったのか 」とざわつき始めるでしょう

この曲を実際に演奏した人がいます
ジャズピアニストの山下洋輔です

彼は自分のエッセイでこの時のことを

「時間が長く感じられ大変つらかった」みたいなことを書いています

はい、次です

またまたジョン・ケージのオルガン曲「
Organ²/ASLSP」

この曲は「世界最長の曲」として知られています

普通に演奏すれば15分ほど、速めに演奏しても数分で終わるはずのこの曲、「出来るだけゆっくり」という指定があり

実際、ドイツの某教会で演奏中 とのことです
2000年から演奏が始まり、このテンポで行くと、終わるのは2639年 とのこと

なんのこっちゃ ですね

はい、次です

Randy Sandke「Plumbimg the Dephths」  

これはクラシックでなくてジャズです
曲自体は普通の曲です(少し気味が悪い感じの曲ですが )
この曲の変なところは「コントラバス・サックス」という楽器が使われているところです
バリトンサックス いえいえ「コントラバス」です
なんでも、日本に3台しかなく、世界にも数台しかないとか
演奏者が、でなく、楽器の数がです
ジャズ歴33年の私をして、その存在は先日はじめて知りました


とてつもなくでかいです

この楽器のソロのある「Plumbimg the Dephths」という曲を動画サイトで視聴しましたが、何かもごもご言っているだけでした
演奏難しそうです

さて
まだまだあるのですが
どうスクロールされるので
今日はこの辺で

by 家事代行アシスト OGG


                        ランキング参加中です

                        「ぽち」っとお願いします

                        
にほんブログ村 家族ブログ 家事代行・家政婦へ

                         
にほんブログ村

BlogRanking参加中です!!


 - 家事代行日記