家事代行アシスト/掃除、料理などを家政婦さんがお手伝いします

愛知県名古屋市、東京、埼玉、京都、茨城、新潟で家事代行やシルバーサポート(高齢者のお手伝い)家政婦さん

*

茨城での思い出!!家事代行ブログ

      2015/12/22

ホームページはこちら→ 
http://www.assist-kd.com/










ケータイはこちら→ 

http://aichi.zimotylife.mobi/k_default.asp?UID=assist

名古屋・東京・埼玉の家事代行アシスト
掃除・洗濯・買い物・料理・高齢者のお世話・子守など家政婦代行
掃除はホテル仕上がり




お疲れさまです 家事代行のOGGです

先日また茨城県を震源とする震度5弱の地震がありました
もうそろそろ勘弁してあげて ってくらい地震が多く
もちろん、福島浜通り震源の地震も多く
非常に心配です

茨城には思い出があります
大学を出て最初に入社した電機メーカーに19年お世話になったのですが
その会社には「つくば工場」というのがありまして
社歴の前半は東京支店だったこともあり、製品の「立会検査」というやつや、お客様を連れての工場見学で何回か行ったものです

基本、遠出が好きな私は積極的に行ったものです
同じ営業マンの中には、「丸一日潰れちゃうで 」と避けていた人もいましたが
普段は代理店や電気工事店、あと同僚としか会って話す機会がないし、工場に行くと工場長始め、工場の現場の人たちと話もでき、会社の経費で昼食食べられシッシッシ てなこともあり、行くのは好きだったのです

そのつくば工場も、大震災では少なからず被災したようです
今も数多くある震度3~5の地震でも揺れを感じて、さぞかし不安な日々を過ごしていると推測します

つくば工場で一番の思い出は、とある大手都銀の電算センターに納入する予定だった「キュービクル式受電設備」の製品立会検査での事です

詳細は忘れましたが、製品完成後に仕様が変更になり
しかし電算部門の心臓ともいえる受電部分かつ、大掛かりな設備だったため、どうしても内容を改造してほしいと(完成後の改造は費用がかかりますので)

その内容の打ち合わせに一度工場に行き、完成後(内部検査後)に製品立会検査をしたいということで

東京から、常磐自動車道を通って行きました

ところが、製品に使われるはずの「リアクトル」と言う部品が特注品で
最初から、「間にあうか 」が微妙だったのですが
入荷が検査日ギリギリで
あっ、この時は当時の工場長に毎日毎日お願いして間にあわせてもらうようにしたのですが
それでも入荷が、検査日当日で
確か、まず取り付け前の現状で立会検査を行い
部品(といっても重さ数十キロある大きい部品で)到着後すぐに取り付け、内部検査を行い、その後、待機していたお客さまと「正規の」立会件を行い

これが深夜までさしかかり(普通は午後2時か3時に終わります)
終了したのが、明け方の早朝・・・まではいきませんでしたが、完全な深夜で

工場長も
「こんなスリリングな立会は初めてだよ 」
という感じで

私はその後、沼津、藤沢、名古屋営業所を経て総務に配属になったのですが、更に出世された元工場長と会うたびに

「あの時は大変だったよなあ 」と必ず話題に出たものでした

そんな思い出深いつくば工場でした

最もつくば・・と言っても正確にはつくばではなく
稲敷郡阿見町というところで
最寄駅は、以前ちょっと凄惨な事件で話題になった「荒川沖」という駅、そんな場所です

もう15年くらい前の話です

工場のメンバーもさすがにがらりと変ったようで
工場長も別の方がなっているようですが

関東と言うと、やはり支店があった東京、茨城のつくば工場、やはり工場があった相模原が今でも思い出されます

by 家事代行アシスト OGG


                        ランキング参加中です
                        「ぽち」っとお願いします

                        
にほんブログ村 家族ブログ 家事代行・家政婦へ


                         
にほんブログ村

BlogRanking参加中です!!

 - 家事代行日記