家事代行アシスト/愛知県、名古屋、東京、埼玉、京都の家事代行(家政婦さん)

愛知県と名古屋市と東京と埼玉と京都と茨城と新潟で家事代行やシルバーサポート(高齢者のお手伝い)家政婦さん

*

IMEに困っています・・・家事代行ブログ

   









ホームページはこちら→ 
http://www.assist-kd.com/











ケータイはこちら→ 

http://aichi.zimotylife.mobi/k_default.asp?UID=assist

名古屋・東京・埼玉の家事代行アシスト
掃除・洗濯・買い物・料理・高齢者のお世話・子守など家政婦代行
掃除はホテル仕上がり


お疲れ様です
唐突ですが
マイクロソフトのかな漢字変換システムの「IME2007」に憤っています
とにかく変換候補の順番がおかしいんですよね
先日書いたブログで「眼科」という言葉がありました
第一候補に来たのは「眼下」でした
まぁ~もちろん「眼下」という言葉は知っていますが、一般的に「がんか」といえば「眼科」
でしょ~に
ほかにもこの類の返還例がたくさんあるのですが・・・と、いきなりですわ
「変換例」と出ずに「返還例」ときました
3行目に「かな漢字変換」と打ち込んだ後にもかかわらず、です
で、ほかにも具体例たくさんあったのですが、忘れてしまいました
いちいち目もとっているわけではありませんし
はい、また出ました
「メモとっている」が「目もとっている」ですわ
もっとも、「メモ」と「とっている」の間に「を」がないからそうなるんだ、と指摘されそうですが、「賢いかな漢字変換」
ならそのくらいは自分で判断してまいたいもんです
上記の「はい、また出ました」も本当は「灰、また出ました」と最初出たんですよね
このままだと話が先に進みませんね

とにかく、昔はもっと賢かったと思うのです。
確かにATOKには後れを取っていましたが(今も「には」が「二は」と出ました)、途中、「おお IMEもなかなか頭よくなったじゃん 」と思える時があり、一太郎も残念ながら廃れてしまったという事もあり ワードの勝利は確定してしまったので、IMEに移行せざるを得なかったのですが・・・・
脱サラして、アシストを始める時にNTTさんからパソコンをリースして
その時、前の職場のパソコンと比べてプリインストールのMicrosoft Officeのバージョンがかわった影響でしょうね、かな漢字変換についてはかなり不便を感じるようになりました

最近は老眼も進み
キーボードの打ち間違いも増え
誤変換に拍車をかけており
スタッフさんに「また誤変換だわ 」といじられ

そうそう、この誤変換の原因の一つにIME2007がある、こう言いたかったわけです、はい 

すいません、本日は単なるグチでしたちゃんちゃん

因みに・・本日も誤字脱字があったら、それは「あえて」かもしれません

 - 家事代行日記