家事代行アシスト/愛知県、名古屋、東京、埼玉、京都の家事代行(家政婦さん)

愛知県と名古屋市と東京と埼玉と京都と茨城と新潟で家事代行やシルバーサポート(高齢者のお手伝い)家政婦さん

*

10月6日は何の日? 家事代行ブログ

   








ホームページはこちら→ 
http://www.assist-kd.com/











ケータイはこちら→ 

http://aichi.zimotylife.mobi/k_default.asp?UID=assist


名古屋・東京・埼玉・神奈川の家事代行アシスト 
掃除・洗濯・買い物・料理・高齢者のお世話・子守など家政婦代行
掃除はホテル仕上がり


お疲れ様です
今日は朝からスタッフさんが帳簿を書きに事務所に来まして
例によって「解りにくい」と怒られ
何とかかわそうと思っていたら定期のお客様から日数を増やす相談の電話が入り
話題の中心はそちらに移り、何とかかわすことができました  シッシッシ
さて、10月6日は何の日・・・という事ですが
こういう「何の日」がブログネタになる時は「深刻なネタ切れ」の証でありまして
これまでも何度か「何の日」ネタを書こうと思った事はあるのですが、その度に「どーでもいい日」ばっかで
今日は本格的にネタ切れだったので渋々この話題です

さて、10月6日ですが、日本がらみでは「役所改革の日」「国際協力の日」だそ~です。
いやいやこれもどうでもいいだろう、少なくともアシストのブログ的には って話ですね

まぁ~しいて話題にすると言えば「役所改革の日」ですか
なぜこの日が「役所改革の日」かといいますと、当時の松戸市長だった松本清氏が、そう、マツモトキヨシの創業者の松本氏なのですが、役所の縦割りでは対応できない問題を解決する「すぐやる課」を設置した日を記念しているのだそうです

役所、特に市役所というとすぐ「融通が利かない」代表例に挙げられますが
最近、役所、市役所以外の省庁出先機関も含め、なかなか頑張っている部署はあると思っています
法務局なんかは、私の知っている限り親身かつきめ細やかに対応してくれます
何せ謄本とかとりに行き、出来上がった時に流れる館内アナウンスが「○○番のお客様」ですし
そうそういわゆる「役所みたいな対応」をするわけではないですね
スタッフさんはいつも地元の役場(役所、ではなく、役場、です )の対応を愚痴っていますが
私はむしろ、民間企業の方が対応悪くなっているなぁ~と感じます
特に半官半民企業 法律的な意味合いの半官半民企業と、実質的に半官半民だろ~ と思える企業両方ですが
あとは、完全な民間企業なんだけど、存立が国の許認可に大きくゆだねられる企業、おこなっている事業が公けのものになっている企業は、まぁ~よろしくないんじゃないでしょうか 私見ですが
具体的にどこ と言われると、はい、ちょっとそれは言えませんが
とはいえ、自分のとこはどうなの と言われないように、私もお客さまやスタッフだけではなく、既存の業者さんや、もっといえば付き合いのない「新規に営業をかけてくる企業」に対してもぞんざいな口調や扱いをしていないか、注意してやっていきたいと思っています

 - 家事代行日記