家事代行アシスト/愛知県、名古屋、東京、埼玉、京都の家事代行(家政婦さん)

愛知県と名古屋市と東京と埼玉と京都と茨城と新潟で家事代行やシルバーサポート(高齢者のお手伝い)家政婦さん

*

名古屋市が待機児童一番多いそうです~家事代行ブログ

   








ホームページはこちら→ 
http://www.assist-kd.com/











ケータイはこちら→ 

http://aichi.zimotylife.mobi/k_default.asp?UID=assist


名古屋・東京・埼玉・神奈川の家事代行アシスト 
掃除・洗濯・買い物・料理・高齢者のお世話・子守など家政婦代行
掃除はホテル仕上がり


お疲れ様です
昨日のニュースに「

待機児童、保育所整備で4年ぶり減 名古屋などは増加

とありました
市町村では、名古屋が横浜を抜いて首位に躍り出たようです
その全国の待機児童総数、2万5556人とのことですが・・・
そんなに少なかったっけ  て話です
まず待機児童の定義ですが、「認可保育所への入所を希望していながら入所できない」とのことで
認可外・認証外保育所に入所出来ている方々は除外されています
当然、学童や放課後児童クラブに預けられている方々も除外です
更には、これまで保育所の入所を諦めていた世帯が、むしろ保育所増設によって新たに入所を希望するようになった(皮肉なものです)数も含めた「潜在的待機児童数」は100万とも200万ともいわれてもいるんですね

因みに、私も数回書きましたが保育所増設による待機児童解消、もともとの目的は「少子化対策」なのですが
少子化対策にはなっていない、という意見も結構あります
私も同意見です
両親の就労支援にはなっていると思いますけどね。

なお、河村名古屋市長の待機児童減少対策がふるっています

「幼稚園に引き受けをお願いしたい。」具体的には、幼稚園の空き教室を借りて、市が確保する保育士による保育を、市としてプロジェクト化する

との事です

規制緩和の目玉だった「株式会社立の民間保育所を増やし」、待機児童を減らす・・・とは正反対ですね
確か名古屋市って某大手保育所運営会社のおひざ元だった気もしますが

 - 家事代行日記